2017 07<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>2017 09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画って怖いなと思った。

まぁ考え方の問題なんですけどね。

例えばここに個室で大量に人を殺す動画があったとしましょう。

ノンフィクションなら大問題ですよ。

警察沙汰ですよ。

しかしフィクションだったらニュースにさえ取り上げられないんですよ。

まぁ当たり前のことなんだけどね。

でもフィクションだろうとノンフィクションだろうと、

その設定上で誰かが死んでるんですよ。

その人の人生が終わってるんですよ。

これって客観的に見るとあまり実感わきませんけど、

主観的に見たら相当恐ろしいことなんですよ。

主観的に見たらその人に自分殺されちゃってるわけですからね。

たまったもんじゃないですよ。

でもそれを客観的に見たらフィクションならば人はそれを面白いと感じるんですよ。

アクションシーンなんかが典型的な例ですね。

これがノンフィクションだと酷いとか考えるわけですよ。

でもその違いっていったい何?

フィクションだろうとノンフィクションだろうとそこで人が死ぬ演出がなされて、

血が飛び散るわけですよ。

フィクションかノンフィクションかを除けばどちらも人が死んでるんですよね。

そう考えると人ってつくづく残酷な生き物だと思いました。

しかもフィクションに死に方だと、

死ぬ人がとてつもなく惨い死に方をすると、

少なくとも可哀想と考える人が居るんですよ。

しかしこれがアクションシーンの一環で雑魚敵で一瞬で殺されたら、

多分誰もその人に関しては感情さえ持たないと思うんですよ。

これって考え方によっては非常に恐ろしくないですかね。

要は人が確かに死んでいるのに感情さえ抱いていないんですから。

主人公がハッピーエンドを迎えるまでに幾つの人生が終わったのだろう。

幾つの屍を積み上げた上に主人公のハッピーエンドがあるのだろう。

そうやって考えていくと映画って非常に恐ろしいものなんだなと思いました。

まぁあくまで考え方の問題なんですけどね。

だってなんだかんだでやっぱりフィクションだし。

もしかすると人は何かを殺す衝動をそういう物で発散しているのかもしれませんね。

それに僕もこれからも映画は見るし、物語は楽しむだろうと思います。

というか、そうやって考えていくとゲーム脳も映画も大して変わらないんじゃないかt・・・

なんだか変な方向に進んでいきそうなので今日はこの辺で・・・

追記は歌詞でも載せようか。
12-29-01
ひとつふたつと夢を
数えてゆくもんじゃない
もっとずっと固く大きく
していかなくちゃ

抱えているものは重たいんでしょ
それは真暗な心の闇
なんて呼ばれる ありふれたものよ

今すぐ目を凝らしてその暗黒に
どんな世界も描き出せる
すべての極彩色を見出すべきだわ

他人と同じことなんか
したくない興味ない
特別が欲しいから
ワタシのところに来たんでしょ?

学びなさい 毒しなさい
淫しなさい サイケデリック
めくるめってのたうって
この先なんでも選り取り見取り

本気遊び何でも
落としていけばいいわ
いくらやってやられたって
減りゃしないから

-暗黒サイケデリック-ALI PROJECT-


久しぶりだ歌詞載せるの・・・

やっぱりアリプロバンザーイ(*´ェ`*)

さて、視聴する人は勝手にここから聴いてけ?

さて、今日は曲の良さは語らずに、僕の体験談を語ろうと思うんですよ。

興味が無い人はここでばってん押しちゃえ☆

歌ってすごいと思うんですよ。

先日ひょんな事で非常に落ち込んでたことがあったんですよ。

その時はもう本当に辛くて、何も手が付けられない状態でした。

そんな中、寝ようと思ったんですよ。夜だったし。

しかし眠れないんですね。

布団の中に2時間入ってたのに眠れないとか生まれて初めての出来事ですよ。

そんなとき、音楽をかけたんですよ。

ほんの気まぐれだったんですけどね。

しかしそれでどれだけ救われたことか・・・

曲自体は東方やらアリプロやらフレディ波多江やらで本当に適当だったんですよ。

しかし聴いてるだけで妙に心が落ち着きましたね。

そのあと30分ほどで眠れました。

いやはや、音楽には魔力があると思いましたよ。まじで。



どうでもいいんですけどこの文章だいたい1時間かけて書いたんですよ。

書けた!!と思って投稿ボタン押したら、

時間切れでセッション終了しやがった

全部書き直しですよ書き直し。

僕の寝る時間返せよFC2め!!
スポンサーサイト







Trackback URL
http://255255.blog79.fc2.com/tb.php/407-1c79ef77
Trackback



マッタリカウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。